みやざき歴史文化館

令和2年度歴史文化講座のご案内

宮崎の歴史・民俗・文化財等について学ぶ講座のほか、
今年度リニューアルする展示室に関連した講座を開講します。
参加はすべて無料となっています。ぜひ、ご参加ください。

<お申し込みについて>

各講座共通として
■定員:50名(応募者多数の場合は抽選となります)
■参加費:無料
■お申し込み:電話(0985-47-8001)・FAX(0985-47-8202)メールフォームからお申し込みください。

<日程・内容について>

ゆうこかん館長歴史余話
日時 タイトル 講師 お申し込みについて
9/5(
10:00~11:30
「江戸3百藩の軌跡」~幕末維新を振り返る~
佐幕と新政府側との葛藤、明治改元後も立藩・転封多数、   
時代の混乱を解説します。
  永井 淳生  
(館長)
・開催2週間前まで受付
・定員50名
・応募者多数の場合は抽選となります
3/14の延期開催となります
歴史文化講座
日時 タイトル 講師 お申し込みについて
10/17(
10:00~11:30
「鏡について」(仮)
各時代に登場する鏡について解説します。
菅野 真由
(学芸員)
・各回とも開催2週間前まで受付
・応募者多数の場合は抽選となります
・連続講座ではありません
11/7(
10:00~11:30
「大光寺文書の魅力」
大光寺(宮崎市佐土原町)の成立や田島伊東氏に関する
文書を読みながら、その魅力を紹介します。
関 周一 氏
(宮崎大学教授)
12/5(
10:00~11:30
「涅槃図~お釈迦様の最後~」
お釈迦様の最後のお姿が描かれた仏教絵画である涅槃図。
宮崎市内に残された涅槃図のその図様を読み解きます。
松下 朋生
(学芸員)
1/16(
10:00~11:30
「江戸3百藩の軌跡 Ⅱ」 藩の履歴~藩主と家臣
3百どころじゃない!織豊期~廃藩置県までに存在した“藩”は5百超!?

藩・大名とは何か?立藩・廃藩・転封・除封、
支藩と分知、お家騒動などそのドラマを垣間見ます。
永井 淳生
(館長)
2/6(
10:00~11:30
「日本書紀に見る神武天皇の物語」
『古事記』と『日本書紀』の持つ思想や世界観の違いによって
異なった神武天皇の姿。今回は『日本書紀』の物語を中心に
とりあげ、そこに描かれた特徴的な神武天皇の姿に迫ります。
大舘 真晴 氏
(宮崎県立看護大学教授)
3/6(
10:00~11:30
「江戸の教育~武士と庶民」
幕府・各藩における教育と庶民の教育を見る

サムライの生き方・死に方、お家安泰と殖産興業、
寺子屋の急速な普及や庶民の識字率向上の源は何かを探ります。
永井 淳生
(館長)
展示リニューアル関連講座~担当者が語る宮崎のすがた~
日時 タイトル 講師 お申し込みについて
9/26(
10:00~11:30
「語るぜ!旧石器!!~宮崎のハンターたちの足跡を探る~」 秋成 雅博 氏
(宮崎市文化財課)
・各回とも開催2週間前まで受付
・応募者多数の場合は抽選となります
・連続講座ではありません
10/31(
10:00~11:30
「語ってもよろしいですか?縄文!!
 ~遊動から定住へ、そして農耕へ~」
金丸 武司 氏
(宮崎市文化財課)
11/28(
10:00~11:30
「語らせてもらいます!弥生!!
 ~弥生人はなぜ土器に絵を描いたのか 南九州の絵画土器~」
河野 裕次 氏
(宮崎市文化財課)
1/23(
10:00~11:30
「語りたいんです!古代!!
 ~古代のお寺、見つかった瓦からその姿が見えてきます~」
西嶋 剛広 氏
(宮崎市文化財課)
2/27(
10:00~11:30
「語り申し候!宮崎城!!~発掘された宮崎城~」 竹中 克繁 氏
(宮崎市文化財課)
ページトップへ